SNS上における写真投稿について気をつけること

SNS等における写真投稿に伴う著作権について

投稿した写真の問題点はないか?

写真には撮影者の思考・感情が反映されることで著作権が発生します。
つまり、何気なく「撮ろう」と思った写真は撮影者の著作物になります。
その写真には何が写っているでしょうか。

被写体は、風景や建築物、あるいは人や動物など様々です。
著作権についての知識がないままSNS上に写真を投稿する際には注意が必要です。

建築物やオブジェ等については、対象物の著作権は製作者に帰属するものの、アングルや明度等を設定し撮影したのは撮影者であるため、著作権は自身の写真に発生します。
しかし、対象物の著作権自体は失効していないため、写真を商品化し販売すること等はNGです。

知らない人が写っている写真には、知らない人について人格権(:個人の人格的利益を保護する権利)またパブリシティ権(:有名人の氏名・肖像を財産的に利用する権利)等が発生する可能性があります。
所謂"肖像権"というものは存在しないので留意する必要があります。

著作権侵害のトラブルの防止

著作権を侵害してしまった場合、その後の訴訟等により罰則がなされてしまう場合がありますので、そうしたトラブルについては未然に防止したいものです。

大前提として、著作権についての知識を蓄える必要があります。
写真に写ってしまった人の権利を保障する人格権、芸能人など商業上の利益が得られる可能性のある人の権利を保障するパブリシティ権をはじめ、自身が撮影した写真が他人の著作権に関係する事項について勉強しましょう。

また、写真投稿をする際にその公開範囲がどこまで至るのかについて鑑みる必要があります。
不特定多数の目に触れることで、著作権侵害の程度も大きくなってしまうためです。
私的利用の場合には、その公開範囲を狭める等の対策を講じるのが賢明でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る